YUSUIサイトリニューアル            



こじんまりと運営していましたここ雄水
サイト、新しいサイトをつくりつつあります。

Wordpressというブログ形式を兼ね備えたサイトで管理人が更新しやすくなりました(笑)

https://yusui.ts-visual.com/

今後はそちらをご覧下さい。

このサイトも当分は残しておきます。


書籍版 岡山備中神楽面制作ガイド「千面出現」
いよいよ発売開始!

お待たせしておりました神楽面制作ガイド、いよいよ発売開始です。

書籍化があわただしい中、やっとこできました。(笑

 

 

今まで無かった内容で登場です。

100点に及ぶ神楽面の面相を見ることが出来、

写真集として楽しめます。

雄水書き下ろしの神楽の知識や神楽面作りのノウハウをてんこ盛り。

神楽に興味を持つ方は必携の書になるでしょう。

 

新年を迎える直前ではありますが、12月出版となったのは

2008年1月14日のイベントにお披露目するためです。

そのイベントとは、第11回岡山公演「備中神楽鑑賞会」。

場所は岡山三丁目劇場で行われます。

1月14日は成人の日でもあり、めでたい郷里の演舞を見るのもいいものです。

演舞は12時からの開演で当日券は1800円です。

 

ここで雄水は毎年恒例の実演を行います。

神楽面の展示と実演はギャラリーにて無料でご覧になれます。

この会場で神楽面制作ガイド「千面出現」の本を

限定部数で初直販売します。

一般書店では扱っていません。

神楽面のガイド「千面出現」

書籍版 A5 ヨコ開き 92ページ 定価3000円+税

WebPDF版 書籍版と同内容 定価2000円+税

上記会場での販売以降は、

このホームページからのみの予約販売となっています。

正月までには、この本の詳細をご紹介する予定!

 

ワクワク!!(笑

 

購入されたい方は、

上部の案内ボタン 「info 」のページへ行き、

記入フォオームへ「神楽面制作ガイド 千面出現 の本 希望」と書いて

ご連絡下さい。

 

折り返し、ご案内を差し上げます。

お名前とメールアドレス+コメント欄に

書籍版」あるいは「WebPDF版」どちらかの

ご希望記載もお忘れ無く!

多くのダウンロードありがとうございます。            



雄水の2007年度の年賀状にこのWebサイトアドレスを記載しましたところ、

多くの訪問を頂きました。

メッセージを多数残していただき、感謝しております。

 

雄水は写真本制作をきっかけに作品制作にまつわる思いや制作行程の概略などをまとめる作業を行っています。

デザインも一新する予定で、どのようなカタチになるか楽しみです。

 



あまり見ることのない、神楽面の数々が載ったPDF本をいまならダウンロードできます。

お手元のパソコンに保存した後、ゆったりとご覧下さいな。

↓↓↓↓↓↓


雄水の仕事の写真集「千面出現」雄水 今なら無料でダウンロード

 

ものづくりをベースに「神楽面制作」はもとより舞の公演にも深く関わるようになった雄水の足跡をかいま見ることが出来ます。期間限定で無料にてダウンロードいただけます。雄水の面の世界をお楽しみ下さい。期日は未定ですが、今後雄水の文章を加え有料化を考えています。

写真集「千面出現」雄水 無料ダウンロードのページはこちら

無料ダウンロード版はPDFでの提供になります。サンプルはこちら  

 

表紙イメージ 実際の見開きは、こんな感じで面の紹介をしています
NHK出演について

 

2006年11月1日(水曜日)に岡山NHK放送局 総合午後5時半〜6時「きびきびネット」にて雄水が神楽太夫・藤原昌孝さんの備中神楽の舞と共に紹介されました。様々な反響を寄せていただき有り難うございました。

ご感想など有りましたら、コメント覧より応援メッセージお願いします。雄水の励みになります。

応援メッセージはこちら  

 

面のある生活            映像ディレクター ツムラカツシ




黙々と面の制作に集中できることを喜ぶ雄水。

既に制作歴は10年を超え今なお旺盛に工房にこもる日が続いている。

ぼくは、民俗芸能とは遠く離れた東京で生活をしつつ、お気に入りの木彫り面をいくつか壁に掛けている。時間と共に陽の光によって変わる面相はいろいろな思いを自分にもたらしてくれる。

近世までのどちらかというと個々のアイデンティティーをないがしろにされた不条理な時代を経て、なおかつ生き残り伝承されてきたのが庶民の芸能であり、その重要なアイテムとして面がある。神楽の場合神様をかたどった面が多い。おもしろいのは表情が豊かなのだ。感情表現が下手だといわれている日本人にもこんなに怒ったり泣いたりした直接的な表現が受け継がれていたのだ。日々の生活の中で、押し殺した感情の唯一のはけ口としての共感があったのかもしれない。

今は、心の時代だと人はいう。どんなに近代化が進み社会の仕組みが変遷しようと、人は人とつながることでしか生きられない。当然、ありのままの自分でいることの難しさは永遠の課題なのだ。泣いたり笑ったり、自由なんだよという当たり前のことがいまはできにくくなっている。人としての表情の機微を繊細に、ある時は大仰に面相で語る仕事。父はとっておきの仕事を見つけたものだ。

私の部屋の備中神楽・木彫り面 他力男命(たじからをのみこと)に、ブラインドからの光が静かにそそぎ、表情を刻々と変える。ドキリとすることがたまにある。

ものづくりっていいなと思う瞬間だ。


往年のホームページ 掲載

 

1997年から公開を始めて、ずっと手付かずになっていました神楽面 面打師雄水のホームページなのですが雄水の仕事の写真集を企画し準備を進めているのを弾みにこのホームページを少し稼働させることにしました。

1997年頃のホームページはまだダイアルアップのみの通信方法で表示画像も小さくし、見てもらうための容量縮小に工夫が必要とされていました。そのままのサイズでここに掲載しておきます。

ちなみに、サイズは640x420 で作られていました。(笑

 

KAGURA title
     CONTENTS
       BICCYUUKAGURA title

ここに公開している面は、すべて津村雄水の手によるものです。
日頃あまり目にすることのない面の数々を伝承の物語と照らし合わせてみるのも楽しいものです

「面の名称とその紹介」 では
一つ一つの面をご覧になれます。

   KAGURA YUUSUI title

   INTRODUCE
TSVSROG Copyright(C)1997,Tsumura's Visual image.

1997年開設のHP
Copyright(C)2006,Tsumura's Visual image.